自動更新SDR

SiteCatalystはカスタマイズ性が高いため、設定内容をExcelに書き写したSDR (Solution Design Reference)を管理することが推奨されています。ところが、RSの数が多く、頻繁に設定を変更する場合、このSDRを更新し忘れてしまい、実際の設定内容と異なる状態になってしまうことがあります。管理者でSiteCatalystにログインしてReport Suite設定を見るのが確実ですが、RSや変数の種類(eVar, Prop, Event)を切り替えるために時間と手間がかかる、閲覧のみの権限を付与できない、などの問題があります。 Language: English | 日本語

そこで、Excelクライアントのように1クリックで自動更新できるSDRを作りました。各RSのカスタム変数とカスタムイベントの設定内容が1クリックで一気に反映されます。

2010年に試作した時は、ExcelとWebサーバー上のPHPスクリプトを使っていたのですが、社外のサーバーとデータをやりとりすることがNGになる企業も多いので、Googleドキュメントのみで使えるように作り直しました。Excel単体版にも挑戦したのですが、環境に依存してしまい、Windowsの特定のバージョンでしか動作しないので中断しました。Googleドキュメントなら、共有が楽、OSを問わず使える、PDFやExcel形式でダウンロード可能、などのメリットもあります。

機能

レポートスイート設定(eVar, Prop, Event)を自動で取得し、Googleドキュメントのスプレッドシートに反映します。

  • 1クリックでRSIDごとのSDRを自動生成
  • eVar、Prop、Eventの設定をAPIで抽出してセルに反映
  • 対象RSIDは部分一致の文字列でフィルタ可能
  • Googleドキュメントの機能も活用できる
    • PDF/Excel/CSV形式のエクスポート
    • 変更履歴
    • 共有

使い方

  1. アカウントを「Web Service Access」グループに追加する
  2. 管理コンソールのユーザー管理画面に表示される「Shared Secretをコピー

  3. ここをクリックしてGoogle Docs上のスプレッドシートを開く。読み取り専用で開くので、コピーを保存する。

  4. autoSDR」メニューをクリックし、「Sign In & Update」を実行する。

  5. ログイン


    Company: SiteCatalystにログインする時のいつものカンパニー名
    Username : SiteCatalystにログインする時のいつものユーザー名
    Shared Secret: ユーザー管理画面に表示されたWeb Services用の共有暗号鍵
    Data Center: 112はSan Jose、122はDallas
    Remember me: 認証情報をGoogleアカウントに記憶させる場合はチェック

  6. しばらく待つと、RSIDごとのシートが作成され、設定情報が記入される

補足

  • レポートスイートが多いと時間がかかるので、「RSIDs」シートのB2セルで絞り込む(部分一致)と良い
    • 単純な部分一致では絞り込めない場合は、特定のRSのみにアクセスできるユーザーを別途作成する
  • 各RSのシートは内容が毎回クリアされるので、メモなどを記入することはできない
  • 更新ごとにAPI Token(毎月の利用可能コール数)を4消費する
    • 一度に更新するRS数は無関係
    • 月間のToken数はCompanyごとに決まっていて、超えると利用できなくなる
  • 個人による非公式ツールなので、ご利用は自己責任で

お年玉プレゼントを兼ねて公開しました。Enjoy!

2012-01-02 Makoto Shimizu

Comments

Comments