直帰率とバウンス率の違いは?

posted May 2, 2015, 9:40 PM by Makoto Shimizu   [ updated Oct 19, 2015, 12:07 AM ]

サイトを訪問し、すぐに去る「直帰」という概念はWeb解析で一般的ですが、Adobe Analytics(SiteCatalyst)の場合は歴史的な経緯のため複雑怪奇、多次元的に紛らわしいので、調査・整理しました。

※ 2015-10-19追記:2015年4月のリリースで仕様変更があったので、以下の記述は現状と合致していません

まず、具体例から。

シンプルな直帰

ページAで訪問を開始し、そのままサイトを去りました。一番シンプルな「直帰」ですね。

実験結果:ページAに「Bounces」「Single Access」の両方がカウントされました。

リロードするとどうなる?

ページAを閲覧した後にリロードしました。

実験結果:Reports&Analytics (SiteCatalyst) では、BounceにもSingle Accessにもなりませんでした。Ad Hoc Analysis (Discover) では、設定の「繰り返しインスタンスをカウントする」をOFFにした場合のみ、ページAに「Bounces」「Single Access」の両方がカウントされました。

リンク計測が続くとどうなる?

ページAをロードした後に、外部サイトへの離脱リンクをクリックし、リンクのイメージリクエストを送信させました。GAでは、リンクトラッキングを直帰率に反映させるかどうかをリンク単位で切り替えられます。

実験結果:Bounceにはならず、Single Accessにはなりました。Ad Hoc Analysis (Discover) では、設定の「繰り返しインスタンスをカウントする」をOFFにすると、「Bounces」にもなります。

明らかに直帰ではない

実験結果:予想通り、BounceにもSingle Accessにもなりません。

実際のレポート結果

これら4つの訪問を発生させた結果のレポートがこちら。

英語モードのヘッダを上に重ねています。

Ad Hoc Analysisの場合はこちら。Single Page Visitsという指標も追加してあります。

指標ごとの解説

Bounces(バウンス)

厳密な直帰。イメージリクエスト(Hit)が1度しか送信されなかった訪問回数。ページのリロードやリンク計測が発生した場合はBounceにならない。

要注意

  • Ad Hoc Analysis(旧Discover)では、設定画面の「繰り返しインスタンスをカウント」をONにしないとリロードやリンク計測が無視され、値がReports&Analyticsと一致しなくなる
  • Single Accessを先に「直帰」と訳していた経緯のため、日本語モードでは「バウンス」と表記される。

Bounce Rate(直帰率/バウンス率)

上記のBounceを訪問回数で割った比率。

要注意

  • Bounceは「バウンス」なのにBounce Rateは「直帰率」と訳されている(要改善)
  • Ad Hoc Analysisでは「バウンス率」と訳される

Single Access(直帰数/単一アクセス)

パスをONにすると使えるようになる指標。

v14までの定義:変数(ページ名やProp)に対してユニークな値が1種類しか送信されなかった訪問回数

v15以降の定義:リンク計測を除外したゆるい直帰。リンク計測(離脱・ダウンロード・カスタム)のリクエストが発生しても直帰扱いになる点がBounceと異なる。

要注意

  • v15になって定義が変わった
  • 公式ヘルプの説明と実際の挙動が一致しない
  • Reports&Analyticsでは「直帰数」と訳されている(要改善)
  • Ad Hoc Analysisの日本語モードでは別名「単一アクセス」になる(こちらが妥当)

Single Page Visits(直帰数)

Reports&AnalyticsではパスをONにするとパスレポートの一部として使えるようになるが、指標として普通のレポートに追加することはできない。

要注意

  • Single Accessに近い数値になるが、詳細不明
  • 「直帰数」と訳されている

まとめ(オススメ)

  • 直帰関連の指標を日本語で正しく判別するのは不可能なので英語モードで使う
  • 厳密な直帰を知りたい場合は「Bounces」を、リンク計測を無視したい場合は「Single Access」を使う
  • Single Page Visitsは特殊な指標(汎用性がない)なので使わない
  • v14時代のように変数の値が変化しないという意味の単一アクセスを知りたい場合はAd Hoc Analysisを使うしかない(設定変更が必要)
  • 通常は指標の定義をAd Hoc AnalysisとReports&Analytics間で統一しておいた方が良いので、設定の「繰り返しインスタンスをカウント」はONにしておく

参考:Adobe公式ヘルプ(ただし古いので注意)

Comments