How to Extend timeout on Excel Client / エクセルクライアントのタイムアウトを延長する裏技

posted Apr 2, 2010, 8:19 AM by Makoto Shimizu   [ updated Apr 3, 2010, 6:09 AM ]

Ever wanted to extend the time-out of SiteCatalyst Excel Client?

SiteCatalystのExcel Clientで、データの反映に時間がかかりすぎてタイムアウトしてしまうことはありませんか?
回避する裏技
を紹介します。

方法は簡単。処理が走っている時に、Excel画面左下の地球アイコンをクリックするだけ。

Just click the Earth icon on the left bottom of the Excel window.

Excel 2007


Excel 2003


外部データの更新状況」というダイアログが出て、タイムアウトしにくくなります。

A second dialog pops-up.  Just wait until the data extract completes, and close the dialog.
What it seems to be doing is to disable a local timeout function which is set to be 5 minutes.  With this second dialog open, the program keeps waiting for the response from SiteCatalyst server until the HTTP connection times out - which presumably is 30 minutes.

処理が終わると「クエリを実行中」という表記が「データの取り出しを続行する場合は、このダイアログを閉じてください」に変わります。「閉じる」をクリックすれば完了です。クリックしないとずっと一時停止したままになるのでご注意。このダイアログを開くと、Excel側で5分でタイムアウトする(諦める)機能が無効になるようです。そもそも5分って早すぎでは?ただし、サーバーとの接続自体が30分くらいでタイムアウトします。でも30分を超えるようでは抽出条件自体を見直した方がいいですね。

#以前、Nさんに教えていただいた裏技です。非常に便利なのでぜひ試してみてください。

Comments