SiteCatalyst v15で変わること

posted Apr 13, 2011, 5:36 AM by Makoto Shimizu   [ updated Apr 13, 2011, 5:17 PM ]
SiteCatalyst v15が4/8にリリースされました。移行の作業をしないとログインすらできませんが、ドキュメントや動画ヘルプなら、探すと見つかります(ただし英語)。MarkeZineで公開したレポート記事は1ヶ月前のOmniture Summit 2011で得た情報がベースだったので(公開がずれ込んだ)、追加情報をここで補足します。

指標が変わる

  • Cookie無効でも訪問がカウントされるようになる(今までは訪問者数のみカウントされていました。iPhone、iPad、MacのSafariで訪問や直帰、パスがとれるようになるのが大きなメリットです)
  • SAINTで分類した指標でも、訪問と訪問者が分かる
  • 全てのeVarが最初からフルサブ扱いになり、クロス集計が可能に
  • ほぼ全てのレポートで訪問と訪問者数が使える
  • 直帰率がトラフィック系の変数で事前に定義されている
  • リスト変数が新たに使える(eVar相当なので、同一ページ上のバナーのインプレッション計測などに使えます)
  • 50万を超えても値の存在は計測される(レポート上で行は増えるけど数字はカウントされない)
  • 動画レポートが統合され、通常の指標と同じ扱いに(クロス集計できるようになる)
  • 滞在時間の精度が向上

レポートが変わる

  • キー指標レポートが新たに利用可能に
  • レポート別にデフォルトの指標を設定できる
  • ログイン直後の丸が並ぶメニュー画面が廃止され、サマリーのダッシュボードが表示される

Data Warehouseが変わる

  • 既存リクエストの複製が可能
  • リクエストの優先度を変更できる
  • 未処理リクエストの詳細ステータスを確認できる
  • データ収集時にVistaルールが適用されるため、リクエスト処理にかかる時間が短縮される。依頼すればv14でも対応可能らしい

管理者向け

  • なりきりログイン機能

なくなるもの

  • ASIやロールアップ、パス系の一部のレポートがなくなる
  • レポート反映に1、2時間かかるようになる(これは残念。ただしトラフィック系、コンバージョン系の種類に関わらず、全ての変数が同時に反映されるようになるのはメリットかも)
  • ライフタイム系の計算指標がなくなる(使ったことありません...)

日本でのリリースはまだ先のようですが、楽しみですね。私の場合、これから新規導入なので、最初からv15でスタートしようと思っています。初期は多少の不具合があるかもしれませんが、見つかったら直してもらえばいいんです。最新バージョンならUS本社も対応が早いはず。
Comments