2014年8月のAdobe Analyticsアップデート内容

posted Aug 21, 2014, 10:13 PM by Makoto Shimizu   [ updated Aug 21, 2014, 10:30 PM ]

2014年5月からAdobe Analyticsの毎月のアップデート内容を説明するPDF資料が公開されるようになっているので、いくつか抜粋して紹介します。

説明資料のダウンロード方法

カスタマーケアから届く事前告知メールからしかリンクされていませんが、実はどこからでもアクセス可能です。

PowerPoint形式でダウンロードすると、社内資料に流用できて便利です。

2014年8月のおすすめ新機能

AppMeasurement 1.4

  • プラグインのデータ送信ストップ

    v15では廃止されたブラウザプラグイン用のデータが送信されなくなりました。送信データ量の節約になります。

  • Marketing Cloud Visitor ID Service (VisitorAPI.js) を利用した場合の1st-party CookieのcookieDomainを指定できるように
  • Audience Manager用ライブラリをzipファイルに同梱

    AppMeasurement_Module_AudienceManagement.jsというファイルがZIPファイルに含まれるようになりました。

Dynamic Tag Management (DTM)

Marketing Cloud Visitor ID Serviceをツールとして追加可能になりました。

Marketing Cloud (Visitor) ID Service」という選択肢が追加されています。

選択すると、以下のように設定項目が表示されます。

自動設定している場合は、Marketing Cloud Organization IDは最初から記入された状態になります。連携していない場合は、カスタマーサポートに問い合わせる必要があります。

Comments