s_code.jsの変更履歴はここでチェック

posted Sep 15, 2012, 11:12 PM by Makoto Shimizu   [ updated Sep 15, 2012, 11:14 PM ]

s_code.jsの変更履歴は、数年前までは非公開でしたが、最近はすべて公開されるようになりました。

以下のページで、何と初期バージョンのH.1からの変更履歴がまとめられています。



eVar7のサイトではH.23.2を使っていたのですが、バージョンUPすべきか判断するため、H.23.2からH.25.1への差分について調べました。細かいもの、日本ではあまり関係がないものは除外しています。

H.23.2からH.25.1への主な変更点

  • 255文字を超えるリファラは無用な部分を短縮することで、重要なパラメータ部分(キーワードなど)をなるべく保持するよう改善(H.23.4)
  • 外部リンクの計測で linkTrackVars=none と linkTrackEvents=none が効かず、Propなどがセットされることがあった不具合を解決(H.23.8)
  • 動画計測の精度改善(H.23.6、H.24.1、H.24.2)
  • Timestampの明示的な指定が可能に(H.24.4)
  • Google Chromeのプリレンダリング時はコールを飛ばさないよう改善(H.24.4)
  • SafariやChromeで別ドメインへのリンクのトラッキングがブラウザ仕様により計測できない問題に対応(H.25)
  • ClickMap用のCookieに格納される特殊文字を自動エンコード(H.25.1)

これはH.25.1へアップデートする価値がありそう、と判断し、9/16にH.25.1に更新しました。

古いから安定しているというわけではなく、当時は見つかっていなかったバグが後のバージョンで直っていたりするので、変更履歴は毎月チェックしておく必要があります。毎月中旬のメンテナンスリリースでアップデートされ(s_codeは更新されない月もある)、リリースノートと上記のページに更新履歴が書かれます。上記のまとめページは英語版のみですが、リリースノートの方は日本語版も公開されます。

Comments